知的財産とは

特許権・実用新案権

特許権や実用新案権は、自社で開発した技術を守るための知的財産権です。商品やサービスを提供するとき、競合他社よりも優位に立つことが出来ます。世の中に存在する商品は、研究して開発した会社が長年をかけてつくりだしたものです。他の会社が簡単に模倣して販売すると大きな損害を被ります。産業の分野では常に競争が起こり、権利が主張・保護されてきました。

 

意匠・商標権

意匠は物のデザインなど、商標はロゴマークや社名などの知的財産権です。美的感覚を表現したようなデザインは、それだけで価値あるものです。創作物に権利を与えるのが意匠権です。また、会社名やロゴなど、名前だけでサービスや商品を容易に連想させるものは、言葉だけで価値があります。商標権では、権利が知的財産権として保護されます。

 

著作権

著作権は、個人の創った創作物に対する権利です。音楽やデザイン、コンテンツ、映画、動画など、創った人は権利を保有します。他の人が勝手に使うことを防ぎます(著作権侵害)。著作物は、個人で簡単に創れる時代になってきました。動画を撮影すると、それだけでコンテンツとなり、権利が発生します。ネットでデザインをつくったり、写真を撮っても著作物です。著作権の保護期間を経て、パブリックドメインとなります。

 

id91252